Like our FB fun page
      

25 May 2008

Ryo Terakado plays violoncello da spalla by Dmitry Badiarov

寺神戸亮の3年ぶりのDENONアリアーレ・シリーズへの新アルバムを、何の情報もなく手にした方は「おや?」と思うはずです。「バロック・ヴァイオリンのスペシャリスト寺神戸が、バッハのチェロ組曲を?」 そして、見慣れない楽器を持つ寺神戸の写真をみて、疑問は更に膨らみます。「・・・この見たことのない楽器は、いったい何!?」 未知なる物への、このわくわくする好奇心は、この楽器、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラを初めて見た寺神戸も同じであったに違いありません。さあ、チェロとバッハをめぐるミステリーの旅の始まりです。ご一緒に、音楽史上の「ミッシング・リンク」をたどる旅へ!次->
***
ディミトリー・バディアロフのホームページ

This article is available only in Japanese.

No comments:

Video